メインイメージ

三階建ての一戸建て

三階建ての一戸建てなら町田でマイホームも可能

三階建ての一戸建ての利点と言うのは、狭い土地に建築物を作れるという事に有ります。
最近は、大きな土地を購入して、その土地を複数に分割をして住宅を販売するケースが多くありますが、土地が狭くなる分、建物は上方向に上げることで居住空間を確保して家を作る事が可能になります。
このメリットを生かしたものが三階建て住宅であり、住宅の1階部分にはお風呂や納戸、駐車場などを確保している住宅が多く在ります。

居住空間としては2階や3階になりますが、2階や3階なら日当たりが確保出来るからなのです。

町田市などにもこのような住宅が多くありますが、町田市は東京都となりますので、土地価格が高くなりがちです。
土地価格が高い事で、住宅全体の価格も高くなりますので、購入者側の負担も大きくなります。

しかし、土地を狭くすることで土地価格の負担が少なくなり、結果的にトータルコストを下げ、一戸建て住宅を販売すれば、多くの人が購入可能額に引き下げることが可能になるのです。
また、複数の住宅を建築する事で、建築コストを抑える事も可能になります。

建築資材などは、工場の中で大量生産を行う事で資材コストを下げることが可能になりますし、その結果安く資材を購入する事で建築コストを下げることが出来、一戸建ての販売価格も下げられると言ったメリットがあるのです。
そのため、三階建の一戸建ては東京の町田市でも他の一戸建てよりも安く購入が可能になるのです。

因みに、三階建ての一戸建ての建坪はとても小さくなりますが、建物が上方向に延びる形になりますので、建物面積は十分確保する事が可能になります。

尚、一戸建て住宅と言うのは、建築を行う土地の用途地域や規制などにより、3階建ての住宅が建築出来ない事もあります。
また、三階建て住宅が建築出来ても、建ぺい率が小さいため、十分な建築面積を確保出来ないと言ったケースも出て来るのです。
建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合で、対象となる土地にどれだけの規模の建物を作れるのか、どれだけの空きを設けなければならないのかを定めるもので、建築基準法により地域毎に定められているものです。

また、容積率とよばれるものもありますが、これは敷地面積に対する建物の延床面積の割合で、地域などにより容積率が異なりますので、容積率が小さい場合は、建物を上方向に伸ばしたとしても住居スペースが小さくなることになるのです。

この事からも三階建て住宅を建築する場合は、容積率や建ぺい率の確認が必要になるのです。

町田で一戸建てを建築する際には、建ぺい率などを確認し、夢のあるマイホームを手に入れましょう。

最近の投稿