パンフレット作成で肝となる、デザインの魅力を知ろう

機能性

機能性を取り入れたパンフレット作成について

機能性会社案内などのパンフレット作成は大半の企業が営業ツールとして利用するため製作をしていると言われています。

新規顧客などに対して、会社の事を知って貰う目的で会社案内と言うパンフレットが活用される機会は多く在りますが、営業マンは会社案内と言うパンフレットを顧客に見せながら営業トークを利用して魅力を伝えると言った営業ツールとしてのパンフレットの役割が在ります。

しかし、会社案内は営業マンが営業トークせずに顧客に手渡される事も在ります。
営業マンがいる場合には、口頭で説明が出来るため、パンフレットの内容が多少貧弱でも営業トークでカバーすることが出来ますが、手渡しをした場合には顧客がパンフレットを読んで貰い、会社の魅力を伝える工夫が必要になります。

そのため、会社案内と言ったパンフレット作成を行う場合には、顧客がパンフレットを読んだ時に解りやすい内容に作り込みを行う事が大切で、文章だけでは理解がし難いと言う事であれば写真を併記したり、文章に合うイラストを挿入し、目で見て解ると言った表現方法を加える事も売れるパンフレット作成に繋がります。

また、パンフレット作成を行う時には機能性などについても考慮した作り込みをしておくことで、パンフレットを受け取った人が便利に利用する事が出来るパンフレットになります。

例えば、パンフレットに綴じるための2穴を加工処理で加えてあげることで、商品案内などのパンフレットを顧客が自らファイルに綴じて保管をすることが出来るようになります。

勿論、顧客は穴開けパンチなどを使って穴をあければファイルに綴じる事は可能ですが、穴あけパンチを使った時に、文章や写真などに穴が開いてしまい、文字が欠落してしまったり、写真の一部に穴が開いてしまうケースも在ります。
しかし、パンフレット作成を行う段階で穴開け加工を施す場合は、予め穴が開く場所には文字が入らないようにしたり、写真が穴で開かないようなレイアウトにすることも可能になるわけです。

また、最終ページや裏表紙の表面などにポケットを付けると言った機能性を持つパンフレット作成を行っておけば、営業マンが手渡した書類や印刷物、名刺などをパンフレットのポケットに挿入し、1つの冊子として持ち帰って貰えるなどの利便性も出て来ますし、定期的に内容の更新などが在るようなパンフレットなどの場合は、変更箇所をペラ物の印刷物を製作して、ポケットに入れておけばパンフレットの再販を行う必要が無くなると言ったメリットにもなります。